ペンシルLabo
お問い合わせリンクペンシルLabo

自作のすゝめ

すゝめと書いてはいますが、自作パソコンのメリット・デメリットについての説明を主に初心者の方に向けて書き連ねております。

またパーツ選びの基準などが載っているサイトの紹介もしておりますので、自作に少しでも興味をお持ちになられましたらそちらも併せてご覧下さい。


パソコンを作るという事

最初にはっきりとさせておきましょう。一からパソコンを自作したとして、同じ性能を持つメーカー品と比べるとコストパフォーマンスは決して良くありません。
いいえ、むしろ有り体に言ってしまえば『損』です。
では何故損なのに作るのか? それについてはこれから述べていこうと思います。

何故メーカー品に比べて損なのか

これについては簡単で、パソコンメーカーの低価格化が進んだからです。
パソコンをハンバーガーショップのセットメニューに例えても良いかもしれません。個々に買った同じ組み合わせのものなら、最初からセットメニューで買ったほうがお得なのは当然の事。よしんばパーツを安く見繕えて仕上げたとしても、メーカー品のセットにはアフターサービスなどの保障もおまけについてきます。
そういう意味で一からパソコンを作るのは、その時に限って見れば損であると言わざるを得ません。

では何故自作パソコンを作るのか

前述した通りにパソコンを一から作るのは余計にお金がかかり、知識も必要になる事に加えて手間もかかってしまいます。それでも作るには何らかのメリットがあるとしか思えません。では一体どのようなメリットがあるのか? それについて述べていきましょう。

自作パソコンのメリット

何といっても自由性・拡張性の高さ、これに尽きます。
確かにメーカー品ならば同じ性能のパソコンでも安く買えますが、自分が求める性能ぴったりのパソコンが必ずしもメーカーから出されているとは限りません。メーカー品のパソコンを使っているうちに「ああ、この機能要らないな」とか「もっとこういう性能が欲しいな」などと思うようになれば、それは自作をする良い機会なのかもしれません。
自作でしたら知識さえあれば、自分の求める性能のパソコンを作り上げる事が出来ます。また、年月を経てパソコンの性能に不満が出るようになった時も、手軽に性能を拡張・追加する事が出来るのも自作パソコンの特徴でしょう。
メーカー品も拡張出来ないわけではありませんが、拡張出来る枠が自作に比べて狭い事が多いです。

自作パソコンのデメリット

メリットだけを挙げてデメリットを挙げないわけにはいきません。が、前述した事で殆どとも言えます。
まずはメーカー品と比べて性能に対してのコストパフォーマンスの悪さ。そして組み立てるにはある程度の知識や手間が必要になる事。保障などもありません。

結論

市販のパソコンにはなかなか無い性能のパソコン(一部の性能が抜群に良いなど)が欲しい場合、自作した方が満足する性能のものを手に入れられるかもしれません。
若しくは新しいパーツが出るたびに交換・拡張をして常に最新の状態を保ちたいのでしたら、その度に最新のパソコンを買うよりも安上がりだと思います。
もしこれらに当てはまらなくても、自作したパソコンというものは愛着が湧いてしまうものです。パソコンの知識をつけたい、愛着をもったパソコンが欲しいという方は自作パソコンについて書かれているサイトを紹介してありますので、是非ともご参考下さい。

「自作パソコン」参考サイトの紹介
自作パソコン サルでもわかる自作パソコンのパーツ
自作パソコンに挑戦する人向けに書かれているサイトです。パーツを選ぶ時の基準や理由などの要点をまとめて分かり易く載せてあるので、初心者でも参考にし易くなっています。

 

その他のコンテンツの紹介
【ビデオカード(グラフィックボード)】  映像を司るパーツ サルでもわかる自作パソコンのパーツ
グラフィックボード(グラボ)などとも呼ばれ、その名の通りパソコンで表示するグラフィックに関するパーツ。最近はインターネットゲームなども美麗なグラフィックのものが増えてきているため、快適な動作の為にもゲーマーは拘っておきたい場所の一つ。
【CPU】 PCの脳みそであるCPUの役割や重要性 サルでもわかる自作パソコンのパーツ
名前だけなら誰しもが聞いたことのあるCPU。よくパソコンの心臓や頭脳に例えられますが、具体的にはどういうものを選んだら良いのでしょうか? 気になった方は是非こちらのページをご一読下さい。
【PCケース(パソコンケース)】 自作PCを更に楽しむなら、ケースにもこだわりを サルでもわかる自作パソコンのパーツ
パソコンの部品を中に収納するPCケースも立派なパーツの一つです。これの大きさによって自分のパソコンの拡張性の高さや冷却性なども決まってしまいます。またそれなりに大きなものの為、部屋のインテリアに拘る方は見た目も拘りたいところ。


筆記具
<a href="http://pencil-labo.com/" target="_blank"><img src="http://pencil-labo.com/img/banner.gif" alt="筆記具" width="88" height="31" border="0"></a>

ペンシルLabo

<a href="http://pencil-labo.com/" target="_blank">ペンシルLabo</a>

広告掲載