ペンシルLabo
お問い合わせリンクペンシルLabo

色鉛筆

色鉛筆はクレヨンに並ぶ初歩的な画材として扱われていますが、その潜在能力は決して絵の具に劣るものでは在りません。また、筆記具としても非常に有用であり扱ったことの無い人は少なくないのではないでしょうか。ここでは色鉛筆の秘密や特徴、豆知識を紹介していきます。

楽しい色鉛筆

色鉛筆は、通常の鉛筆とは違い黒以外の色で書くことが出来る鉛筆です。主な用途としては、画材として絵画などの着色や筆記具としてノートや教科書などに重要事項を書き込む際などに使用されます。

色鉛筆と鉛筆の違い

色鉛筆と鉛筆の大きな違いは、芯の材料と作り方にあります。通常の鉛筆は、材料となる黒鉛と粘土を混合したものを、成型して焼き固めて芯を作ります。色鉛筆の場合、黒鉛ではなく絵の具の主成分となる顔料を粉末状にしたものに水や油を加えて練りこみ、乾燥させて芯を作ります。この材料と作り方の違いが鉛筆と色鉛筆の違いとなって現れているのです。

色鉛筆の特徴

色鉛筆の最大の特徴は「様々な色を扱うことが出来る」ことにあります。通常の鉛筆と同じ黒だけでなく赤や青に黄色、果ては白までの様々な色を扱うことが出来ます。しかしその一方、製造工程上どうしても「芯が折れやすい」というデメリットを抱えています。これは通常の鉛筆にある「焼き固める」と言う工程を行なうと顔料が変化してしまい、色が変わってしまうことがあるためです。この芯の弱さを補うため、色鉛筆は力の掛かり方が均一になる円柱状に成型されているのです。

水性と油性の違い

色鉛筆の芯の材料となる顔料を練りやすくするために使用する水や油によって、色鉛筆の性質が決定します。油性色鉛筆は、芯が柔らかく発色が鮮やかと言う特性を持っています。水性色鉛筆は別名「水彩色鉛筆」ともいい、水に溶けやすいという特性があります。この性質を利用して、先に絵に着色して水を含んだ筆でなぞると水彩画のような表現が出来ます。油性色鉛筆の場合、テレピン油という油絵用のうすめ剤を使うことで水彩色鉛筆と同じことが出来ます。

色鉛筆の使い方

色鉛筆は、通常の鉛筆と同じ感覚で使用すると上手くいかないことが多々あります。そのため、色鉛筆にあった使い方を覚えておく必要があります。

消しゴムは使わない

基本的に、色鉛筆は「消しゴムが効かない鉛筆」です。図工の時間に間違えて色塗りした箇所に消しゴムを掛けて、画用紙をボロボロにしたことがある人も居るのではないでしょうか。消しゴムが鉛筆の文字を消せるのは、ゴムが紙の上に付着した黒鉛を巻き込んで引き剥がす特性によるものです。顔料などを含む色鉛筆は、消しゴムで消すことは出来ないのです。現在は消しゴムが効く「消せる色鉛筆」もありますが、明記されていない限り色鉛筆は消せないと考えるべきでしょう。

力を掛けずに使う

色鉛筆は、芯が折れやすいという特徴を持っています。これは、発色性を高めるための製造法によって芯の硬度が低くなってしまうためです。ですので、色鉛筆を使う時は出来るだけ筆圧を強めないようにするのが基本となります。色鉛筆は、着色する範囲にあわせて持ち方を変えることで表現そのものも大きく変化するので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

筆記具
<a href="http://pencil-labo.com/" target="_blank"><img src="http://pencil-labo.com/img/banner.gif" alt="筆記具" width="88" height="31" border="0"></a>

ペンシルLabo

<a href="http://pencil-labo.com/" target="_blank">ペンシルLabo</a>

広告掲載