ペンシルLabo
お問い合わせリンクペンシルLabo

筆ペン

日本人にとって、毛筆は最高の筆記具であったといえます。旅先でも使えるように「矢立て」という道具で墨と筆を持ち運び、絵や俳句を書き記したのです。筆ペンは、日本ならではの筆文化が生み出した現代の筆記具と言えます。ここでは筆ペンの特徴や利点、筆ペンの豆知識などを紹介していきます。

筆ペンの楽しみ

筆ペンの魅力は、「墨を摺ることなく毛筆で字を書ける」ことと「付けペンや鉛筆には出せないニュアンスを持った絵を描ける」という、毛筆と似て非なる味わいにあるといえます。筆ペンは、長きに渡って毛筆を使用し続けてきた日本人だからこそ作ることが出来た筆記具であるといえます。

筆ペンの歴史

筆ペンには、「日本人の毛筆好き」が生み出したのではなく「日本人の毛筆離れ」が生み出したというエピソードがあります。筆ペンが開発されたのは1972年のことで、日本の景気が回復傾向にあった時代のことです。この頃から、現代まで続く「日本人の毛筆離れ」が顕著になってきていたという背景があり、「毛筆の要素を備えたペン」を開発することで新しい需要を掴めるのではないかと文具メーカーが発想したことが筆ペンの開発の端緒になったといわれています。「筆ペン」は、最初に開発したセーラー万年筆の登録商標でしたが、現在では一般名詞として定着しています。

筆ペンの使い道

筆ペンの用途として大きいのは、「毛筆が必要な文書の作成」であるといえます。芳名帳への記帳、暑中見舞いや年賀状などの手紙を書く際に毛筆が必要な時にボールペンと同じくらいに気軽に書くことが出来るのが、筆ペン最大の特徴であるといえます。また、毛筆や付けペンと同じように筆圧の強弱によって太い線や細い線を描ける特性は、絵画の分野でも好まれて使われています。変わった使い道としては、プラモデルの作成において質感を出すために行なう「スミ入れ」の道具としての使い方があります。毛筆の毛先は、普通のペンでは入り込まない細い隙間にも入り込むという利点があるためです。

筆ペン習字とは何か

「きれいな字を書きたい」というのは、多くの人が抱える悩みです。そこで登場するのが筆ペン習字です。毛筆を使う習字は、文字の綺麗さや読みやすさよりも芸術性や技術などを重視しているものですが、筆ペン習字では「読みやすい字を書く」ことを重視しているため、実用性の高い習い物として定着しています。

筆ペンの構造

筆ペンの構造は、サインペンやマジックペンに近いインク内蔵式の構造をとっています。また、筆ペンに使用されているインクには墨ではなく顔料を主体としたものが使われています。毛筆で使用されている墨や墨汁は炭素が含まれているため品質が劣化しやすく、筆ペンにはあまり向いていないためです。また、筆ペン自体が使い捨てになっているものとインクを再充填して何度でも使えるものと二通りありますが、再充填できるタイプは基本的に高級品となっていてペン先部分が毛筆のように獣毛で作られているものもあります。

筆記具
<a href="http://pencil-labo.com/" target="_blank"><img src="http://pencil-labo.com/img/banner.gif" alt="筆記具" width="88" height="31" border="0"></a>

ペンシルLabo

<a href="http://pencil-labo.com/" target="_blank">ペンシルLabo</a>

広告掲載